ダンスタ

色々な国のダンスを知って自身にぴったりのダンスを選択しよう

近年流行している様々なダイエット方法の中でも、人気があるのは楽しみながら運動を行うことが出来るダンスダイエットです。ダンスは世界中の色々な国において独自のものがあり、自身に合ったものを行うことでストレスを発散させながら汗を流すことが可能です。日本において特に人気があるものは、コアと呼ばれるものであり、ラテン系の音楽に合わせて激しく身体を動かします。女性に人気があるものは、アラブの民族舞踊であるベリーであり、妖艶な動きで腰を動かすため、ウエスト部分のシェイプアップに役立ちます。激しい動きが出来ない人に適しているのは、ハワイ由来のハワイアンであり、高齢者の方でも挑戦しやすいです。ストレッチや姿勢の矯正効果が欲しい場合には、ヨーロッパの優雅な雰囲気が漂う、バレエが最適であり、全国各地で教室が開かれています。夫婦や恋人同士でダンスを始める場合には、アルゼンチンで盛んに行われていたタンゴなどのペアで行うものが楽しみやすいです。

国によって異なるダンスのかたち

ダンスは音楽に合わせて踊ることを言いますが、踊ることが楽しいという人がいれば、踊っているのを見るのも楽しいという人もいて、世界中で娯楽として楽しまれています。ダンスは国によって形や名称が異なり、それぞれ娯楽としての文化もあります。日本では明治時代に舞踏と訳され、西洋の文化に親しみを持つ人々が多くいました。日本にはもとから舞や踊りの文化があり、日本舞踊が古くから行われる文化がありました。明治時代には鹿鳴館が創立され、そこで舞踏会が行われるようになり、それらから現在の日本の舞踏・舞踊のかたちが形成されたといっても過言ではありません。ヨーロッパではフォークダンスやバレエなどが娯楽として確立されました。スペインではフラメンコが親しまれています。また、ワルツやタンゴの文化も盛んです。中南米ではヨーロッパ系移民によるものやアフリカ系のリズムから生まれたものなどさまざまなものがあり、サンバをはじめ、サルサやルンバも生まれ、またタンゴの文化もあります。

Valuable information

2016/5/26 更新


このページのTOPへ戻る