ダンスタ

ダンス用の衣装を長持ちさせるための心得について

ダンスに用いる衣装は華やかなデザインと煌びやかな装飾が施されている物が多いことから、着用しない時の取扱いは一般的な衣類とは異なる点を注意する必要があります。特に洗濯や乾燥などを行う際は色落ちや装飾品の破損などを防ぐ必要があるため、慎重に扱うことが大切です。ダンス用の衣装は身に着ける人が動き易いように薄手の生地で作られていることが多いので、家庭用の洗濯機を使用すると生地が傷んでしまうことがあります。また、衣装に縫い付けられている装飾品もそのまま選択すると破損してしまうことがあるので、汚れた場合は専門技術を持つクリーニング業者に依頼するのが賢明です。自分で汚れを落とす場合は生地を傷めないように漬け置きの後に手もみで洗い、形を整えてから陰干しを行います。日光に直接当てると生地が変色してしまうことがあるので屋外に干す際は注意が必要です。乾燥した後は表面の埃を取り除き、湿気や虫の被害に遭わないように清潔な収納ケースに仕舞うことで良質な状態を長く保つことが可能になります。

ダンスにとって衣装とは

ダンスにはいろいろな種類があります。バレエやヒップホップ、社交ダンスなど、本場の国も使えわれる曲も全て違って特徴的で比較してみると面白いものです。ダンスを見ているときに踊りと一緒に見えてくるのが衣装です。踊りそのものももちろん大切なのですが、衣装も踊りの印象を左右する1つの立派なパーツなのです。例えばクラシックバレエだと、普段着のようなものではなく、ロマンティック・チュチュと呼ばれるものやクラシック・チュチュと呼ばれるものを着ることが多いです。スパンコールがたくさん付いていて、動くたびにキラキラ華やかに光り、お客様の目線を釘付けにします。シンプルなものもありますが、やはり舞台上でダンサーを輝かせる作りになっています。クラシックバレエの衣装はより踊りを美しく見せ、お客様を魅了しているのです。このように、自分が楽しむだけではなく見ている相手にも楽しんでもらうというのが1つの特徴であり、魅力でもあるでしょう。

recommend

最終更新日:2017/7/18


このページのTOPへ戻る